マスク

靴下1足でできる手作りマスク

Jayendra

@JayendrasPOV 4月9日

How to make a mask from socks!

読者からの情報
マスクがなかなか入手困難ですが、古いマスクの再利用の過程で、石鹸 塩マスクの研究が2017年に論文で発表されています。

石鹸 塩マスク。
早速実践を始めました。SARSやインフルエンザなどのエンベロープVirusに対する、韓国慶平医科大学医学部と、カナダ、アルバータ大学の合同研究論文です。

https://www.nature.com/articles/srep39956?fbclid=IwAR1FK06a5L570aswoNWc20fKL5HXupPjCgVmfHvTqdINg3NJPZBu0Dlx_oQ

Covid19Virusは脂肪の膜にRNA遺伝子が入っただけのものです。
布、不織布共、マスクに石鹸 塩のコーティングがあれば、インフルエンザ、SARS、Covid19などの脂肪の幕が触ると、石鹸 界面活性剤が一瞬液体化し脂肪、油の幕を分解→ヴィルスを破壊。そのまま石鹸塩がそのまま乾燥 浄化してしまうとの事です。

うちも使ったマスクをネットに入れて洗濯、脱水後、浸るくらいの水に無添加石鹸を溶かし、若干の塩を混ぜて少し回して停止。30分程つけた後、そのまま脱水後陰干ししてみました。

肌触りも良く、顔に仮にVirusが付着しても、破壊、浄化出来るのが良い点です。

石鹸 塩マスクは石鹸のみのコーティングでも効果はあります。界面活性剤の成分がナトリウムの場合、それが塩になります。ただし、石鹸によって塩の部分の強さが変わるため、明示的に塩を足すと、それはそれで清浄作用があり、うちは塩を少し足して界面活性剤、塩の効果が安定して出るように気をつけています。

研究では作ったマスクは酷い保存状態でも効果は長期間持続とあります。
石鹸 塩が染みたらそう簡単に消えないので、なかなか丈夫です。

簡単なので、マスク再利用時おすすめします。

【マスクの今後の供給と、再利用について】

<供給>
国内生産は2割。その2割も原料の不織布、ゴム紐、ワイヤーのほとんどが中国だそうです(モーニングショー)。
だから、不足解消はすぐには難しいと思います。


<再利用>
使い捨てマスクは煮沸で「再利用」できる?代わりの消毒方法&手作りマスクのすすめ

https://souji-megami.com/masuku-syoudoku.html
①「煮沸でウィルスを死滅させることはできるかもしれない。しかし生地が劣化するのでフィルターの意味をなさない。」
② 専門家が代案として出したのは、エタノールなどを使った「アルコール消毒」。
  ウィルスを殺菌できる。煮沸するよりかはいいとのこと。

 

※ ただ、モーニングショーではアルコール消毒は変質する恐れがあるから、煮沸の方がまだましという意見でした。
  いづれも、フィルター効果が落ちるからオススメできないそうです。ま、メーカー回答ですからそういうでしょうが。
   ただし、以下の利点も
  ①自分の飛沫を防ぐので感染を広げない。
  ② 喉が湿った状態が保てるので、ウイルス侵入を防ぐ効果がたしょうなりともあるか。

という感じでした。
軽く洗って数日間天日干し、何もしないで14日間以上干して放置、というのもありでしょうか。

Copyright(c) 2014 Kazuyoshi Morira. All Rights Reserved.

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube
  • Pinterest
  • Instagram