top of page

ついに酸化グラフェンの存在が公式に確認された!




ついに酸化グラフェンの存在が公式に確認された!


ワクチン接種が始まった2021年の当初から、すでに言われていたことです。それが公に認められたと言うことです。


非常に有害、有毒だと言われている酸化グラフィンがなぜワクチンに入っているのか。コロナとワクチンは人口削減の為につくられた、という話があります。ご存知ですか?












<一部抜粋>


▶酸化グラフェンとは

・COVID-19ワクチンに酸化グラフェンが含まれているという憶測が2年以上前から飛び交ってきた。酸化グラフェンは奇妙な血栓を作り、赤血球を破壊する有毒物質だ。



▶ファイザーがもっとも秘密にしかたった酸化グラフェンの存在

・ファイザー社のCOVID-19ワクチンの安全性データの公開を75年間も遅らせようとした最大の理由だった。

・2022年1月上旬、連邦判事マーク・ピットマンはFDAに対し、毎月55,000ページを公開するよう命じた。


▶シェディング

・Covid-19を接種した人の周辺にいる人にも感染する。

・つまり、グラフェンは「ワクチンを接種した」親からワクチンを接種していない子どもに伝播したのだ。


















<一部抜粋>


COVID-19ワクチン接種がグラフェンに似た物質を伝達し、必要不可欠な血液細胞を排除することが、今証拠によって明らかになりました。



COVID注射がグラフェンに似た物質を排出し、最終的に細胞構造を損ない、予期せぬ血栓を形成し、早死にさせることが医師によって証明されました。


速報:米国連邦裁判所の命令により公開された秘密文書により、COVID-19ワクチンの中に有毒な酸化グラフェンは含まれていないと言ったファイザー、FDA、ファクトチェッカーが嘘をついたことが証明されました
























閲覧数:14回0件のコメント

Comentarios


bottom of page