打ちたくなかった医師が患者のために人体実験となった三浦医師の体験談


三浦医師 講演&対談 前編 「コロナワクチンと女性の副反応 月経異常」


母親の立場から、子どもへのワクチン接種には慎重な姿勢の三浦医師。呼吸器内科として、実験的にワクチン接種、その体験から、実際の診療の患者さんには接種は難しいと判断、また女性の医療従事者に月経異常が非常に多く見られることも懸念されるという。特に妊娠出産を控える若い女性や、5歳以上の女の子への接種は極めて危険であると説く。 こどもコロナプラットフォーム コロナワクチンについて考える医師との対談シリーズ


https://www.nicovideo.jp/watch/sm39937341

打ちたくなかった医師が患者のために人体実験となった体験談: 「高熱と激しい頭痛で歩行困難」 「今までにない月経異常の深刻な乱れ」 「同僚の女性も苦しんでいる。非常に長期に異常が続く」 医師見解: 「感染予防効果がないのは分かっている」 「脆弱な患者さんには命に関わる副反応が発生する」





閲覧数:19回0件のコメント